• ご贔屓ツール

あの三ツ星シェフ尾花夏樹も使っているクッキングペーパー「CHEF」とは?

天才シェフ、尾花夏樹が立ち上げたお店がミシュラン三ツ星を獲得するまでの軌跡を描いたグランメゾン東京、かっこよかったですよね~。飲食関係者として、そして料理好きとして、たまらなく興奮しちゃいました。
 

あのドラマ、セリフもファッションもすべてかっこよかったのですが、何と言っても料理が最高でしたね。「イヌア(INUA)」のトーマス・フレベルシェフ、「カンテサンス」の岸田周三シェフのお二人が料理の監修をされたそうですが、岸田シェフは史上最年少で三ツ星を獲得したリアル天才シェフ。そりゃ完成度が高いはずです!
 

そんなすべてがかっこいいグランメゾン東京ですが、キッチンのシーンなどでカウンターの上にさりげなく置いてあったのが、花王の「CHEF(シェフ)」というクッキングペーパーです。気づかれましたか?あの尾花夏樹も料理をする際にCHEFを使っていたんですね!

黄金に輝くコンソメはクッキングペーパーで仕上げる

ご存知のとおり、フレンチを始めとしたプロのシェフたちは、料理をする際にクッキングペーパーを多用します。
例えば、グランメゾン東京でも出てきた「鹿肉のロティとコンソメ」。めちゃくちゃおいしそうでしたが、コンソメを作るのは非常に難しいですよね。骨を焼いた後に肉と野菜などとともに5時間程度煮込んでブイヨンを作り、赤身肉から出るアクを卵白で閉じ込めながらブイヨンと少しずつあわせて黄金に輝くコンソメに仕上げていくという、かなり集中力と根気がいる料理です。

でも、尾花夏樹のようなプロのシェフは、このコンソメを作る際にもクッキングペーパーを使うことで完成度をさらに高めています。

  • ・ブイヨンを作る際に5時間程度煮込んだ大きめ具材を濾して取り除く時
  • ・赤身肉や野菜とブイヨンを煮込んでコンソメにした後、細かい具材を濾して取り除く時
  • ・ほぼ完成したコンソメの上に浮かべて上澄みの余分な脂を取り除く時

透き通っていることが大前提のコンソメは非常に繊細な料理ですが、作る途中の色々な場面でクッキングペーパーを使うことで、黄金に輝くコンソメが完成するのですね。具材を濾すだけでなく、表面に浮かぶ余分な脂を取り除くことで素材本来の旨味をより感じられるコンソメに仕上げるなど、もうワンランク上の完成度を目指すシェフにピッタリだと言えます。
 

こちらにクッキングペーパー「CHEF プレミアム」を使って『すっぽんのコンソメ 毛蟹と百合根のフラン仕立て』を作る際のレシピが載っていますので、ぜひご参照ください。

スープはもちろん、料理のベースとして活躍するコンソメは作るのが非常に手間ですが、冷凍保存もできるため、きっと重宝すると思います。ぜひクッキングペーパー「CHEF プレミアム」を使ってコンソメを作ってみてくださいね。

シェフは12通りの使い方でCHEFを使いこなす

実はクッキングペーパーCHEFは発売開始から20年以上も経過しています。FSC認証を得た天然パルプを素材に用い、食品衛生法に基づく検査基準を満たした製品なので、安心して料理にご利用いただけます。
 

CHEFが20年以上もプロの料理人の方々に愛され続けている理由は、

  • ・特長1:水切れ・油切れの良い吸収力
  • ・特長2:ぬれても丈夫な耐水力
  • ・特長3 :食材の鮮度を保つ保水力

の3点が挙げられます。
 

特長1:水切れ・油切れの良い吸収力

余分な水や油を素早く吸収するため、料理が水っぽくならず、揚げ物もカラッと仕上げられます。油こしとしてもお使いいただけます。

特長2:ぬれても丈夫な耐水力

ぬれても破れにくいため、調理作業がスムーズに行えます。

特長3:食材の鮮度を保つ保水力

肉や魚のドリップを適度に吸収、表面の乾燥も抑えて鮮度を保ちます。

つまりCHEFは、サラダ用野菜や鮮魚の水切り、長時間の煮込み料理をする際の型崩れや風味付け、生肉や魚のサクなどの生鮮品の鮮度保持などにピッタリなのです。
 

CHEFの使い方はこちらに載っていますが、「濾す、蒸す、茹でる、漬け込む、落し蓋、煮込む、風味付け、水切り、鮮度を保つ、絞る、整える、油切り」など12通りの使い方があるのですね。
「この使い方は自分のお店でもやってみよう」と思っていただけるものがあるかもしれません。

CHEFを使えば料理の味と仕上がりに格段の差が出る

高機能クッキングペーパーCHEFは、12通りもの使い方があります。「尾花夏樹があの料理を作るときにも、ここでCHEFを使ったのかな?」などと想像しながらドラマを見直してみていただくと、また違った面白さがあるかもしれません。
 

料理の味と仕上がりに格段の差が出るCHEF。料理のクオリティをさらに高めるためにも、ぜひあなたのお店でも使ってみてくださいね。CHEFの詳細はこちらからご確認ください。

  • 商品のご購入はこちら

    商品のご購入はこちら

    商品のご購入はこちら

お問い合わせ

contact

貴店の状況に合った、最適な商品と使用方法をお答えします。

03-5630-7141

営業時間:9:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)

FAX

03-5630-7130

ご返信できますようお客様の氏名、電話番号、
ファクシミリ番号をご記入ください

Page Top