認知症ケアA&A

トイレ介助 編

排泄は、健康状態を保つために不可⽋な⽣理現象です。しかし介護の現場ではトラブルが発⽣しがちで、気を使うことが多い介助でもあります。認知症症状や不安だけでなく、羞恥⼼など繊細な感情もあるため、介護者は利⽤者の気持ちに寄り添うことが⼤切になります。
⽂/⾼野千春 イラスト/⽥上千晶

監修/伊東美緒
東京都健康⻑寿医療センター研究所研究員、看護師、保健師。介護施設や在宅での認知症ケアを研究。著書に『認知症の⽅の想いを探る〜認知症症状を関係性から読み解く〜』など。

Q

何度もトイレに⾏きたがる⼈にはどうしたらいい?

Aさんは、職員を⽬にするたびに「トイレに⾏きたい」と訴えます。トイレには少し前に⾏ったばかりで、本当に排泄したいようには思えないこともあります。あまりにも頻繁で、業務が滞り気味で困っています。

どうすればいいのでしょう?

続きをご覧になるにはメールマガジン(無料)へのご登録が必要です。

そのほかのお困りごとにもお答えします

Q

トイレに行きたがらない人はどうしたらいい?

Q

トイレや便器以外の場所に放尿してしまう人はどうしたらいい?

本記事は世界⽂化社の提供により掲載しています。
[出典]レクリエ 2017 11・12⽉

Contact

お問い合わせ・ご相談

営業時間 / 9:00 ~17:00
(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)

03-5630-7130

ご返信できますようお客様の氏名、
電話番号、ファクシミリ番号
をご記入ください

Page Top