環境整備品

かんたん汚物処理キット 長袖タイプ 業務用

1セット常備いただくことで突発の汚物をスピーディに処理。分かり易いイラストマニュアルと充実したセット内容で、誰でもしっかり処理することができます。また長袖タイプのガウンで、より一層ハネや汚れに強くなっております。

容量・入数

1コ×6

製品仕様

個(バラ)

サイズ(縦)

196mm

サイズ(横)

56mm

サイズ(高)

274mm

重量

290g

JANコード

4901301365361

梱(ケース)

サイズ(縦)

350mm

サイズ(横)

210mm

サイズ(高)

295mm

重量

2.0kg

成分・使い方・ご注意など

使用方法

STEP1
作業時の服装

帽子、マスク、手袋、靴カバー、保護メガネ、長袖ガウン
※時計と指輪は外す

STEP2
処理前の準備(汚染を拡げないために、処理前に必要準備物を用意しておく)
除菌漂白剤液の準備(必要に応じた量を作る)

【床が「じゅうたん、色もの」以外の場合】
(床が色ものの場合、脱色または変色することがあります)
50倍
塩素系除菌漂白剤
(次亜塩素酸ナトリウム6%(製造時))
※商品名 : キッチンハイター、月星ブリーチC、病院用ハイターなど
①水2L
②40mL計量
③よく混ぜる

【床が「じゅうたん、色もの」の場合】
(塩素系除菌漂白剤が使えない時)
50倍
厨房用酸素系粉末漂白剤
※商品名 : キッチンワイドハイター
①ぬるま湯2L
②40g(50mL)計量
③よく混ぜる

[使用上の注意]
ご使用になる除菌漂白剤液本体の表示(使い方、使用上の注意、使えないもの)をよく読んでからお使いください。大理石にはご使用できません。

【紙製ヘラの組立て】
すぐに使えるよう、事前に折りぐせをつけておくことをお勧めします
①谷折り
②谷折り
③山折り
上記の①→②→③の順で組み立てる

【高吸収シートの準備】
高吸収シートを切りはなす
(多めに準備しておくこと)

【ポリ袋のセット】
ポリ袋を2重にセットする

①処理前の準備を行う。
②汚物に高吸収シートをかぶせる。
③汚物を高吸収シートごとヘラですくい取る。
④ポリ袋に回収する。
※使い終わった紙製ヘラも。
⑤床に高吸収シートを敷く。
⑥除菌漂白剤をまく。
※高吸収シートおよび壁など周辺の出来る限り広い範囲を処理する。
※10~15分間放置する。

除菌漂白剤(塩素系)をまきにくい箇所には塩素系泡洗浄剤を併用ください。
※医療施設用泡洗浄ハイター1000

⑦高吸収シートを回収後、残った除菌漂白剤を中央に向かって拭き取る。
⑧ポリ袋に捨てる。
⑨手袋をポリ袋に捨て、新しい手袋を着用する。
【手袋の外し方】参照
※除菌漂白剤を廃棄物が充分に浸る量を入れることが望ましい。
⑩1枚目のポリ袋の口を縛る。

⑪靴カバー→手袋→メガネ→ガウン→帽子→マスクの順に脱ぎ2枚目のポリ袋に入れ、口を縛り捨てる。
【手袋・長袖ガウンの外し方】参照

⑫処理後、速やかに薬用石けんでの手洗い・うがいを充分に行う。

【手袋の外し方】
①袖口から3cmの部分をつかむ。
②手袋の中で丸め込む。
③手袋を外した手を袖口に差し入れる。
④先に外した手袋を包みながら、手を引き抜く。外した手袋は持ち替えず速やかに捨てる。

【長袖ガウンの外し方】
①首の後ろのひもを切り、前あてを前に垂らす
②一方の袖の内側へ手を滑り込ませ手を引き抜く
③もう一方の手を引き抜く
④両腕を引き抜いて後ろの腰ひもを切る
⑤脱いだガウンを体から離して持ち中に折り込みながら丸める
※最後に処理した範囲を水拭きする。

注意・応急処置

〔使用上の注意〕
●除菌漂白剤はご使用のつど希釈してください。
●希釈した除菌漂白剤が残った場合は、保存せずに廃棄してください。
●処理後、使用したキットはすべてごみ袋に入れて廃棄してください。
●ご使用になる除菌漂白剤本体の表示(使い方、使用上の注意、使えないもの)をよく読んでからお使いください。
●用途外に使用しないでください。
●認知症の方などの誤飲や他の事故を防ぐため、置き場所に注意する。

●新製品および改良品の情報は、原則として発売当月の月初、または中旬に掲載しております。
(出荷状況により、出荷後の掲載になることもございます)
●販売期間、販売数量、および販売店・販売地域を限定した製品は、原則として掲載しておりません。
●製品の改良等にともない、成分や使用量などが変わる場合があります。ご購入、ご使用の際には、製品に表示されている内容をご確認ください。
●価格は販売店にてご確認お願いいたします。
※掲載基準は、変更になる場合がございます。
※販売終了後もお問い合わせの多い製造終了品については、こちらをご覧ください。

Page Top