pc_top_MV01

pc_top_MV01

sp_top_MV01

pc_top_MV02

pc_top_MV02

sp_top_MV02

floating_button

商品特長

FEATURE

pc-sp_soo_title01

  • ウォーキング・リハビリ・体操の前に足に塗ると、冷涼感で気持ちよく動けるローションです。
  • クール成分配合で、足がスッと感じ、ご利用者様にも気分よく運動していただけます。
  • 独自の技術により、冷涼感が約30分間長続きします。
  • さわやかなアクティブグリーンティーの香り。

pc-sp_top_img01

こんな場面におすすめです

ウォーキング・体操のときに

pc-sp_soo_img01

施設や在宅での歩行訓練・
リハビリを行うときに

pc-sp_soo_img02

地域高齢者向けの介護予防や
ロコモ教室などで

pc-sp_soo_img03

理学療法士様のお気持ち

  • やる気のないご利用者様にも、運動に興味を持ってもらいたい。
  • リハビリのメニューは毎回同じことの繰り返しでワンパターンになりがち。ご利用者様が飽きないように工夫したい。

     

事業者様のお気持ち

  • 筋力が低下した方ほど、外出が億劫で体操教室にも参加してくれない傾向があり悪循環。参加するためのきっかけ作りをしたい。
  • 運動を習慣にしてもらうために、ご本人が自分で手軽に行えるものをおすすめしたい。

使い方

HOW TO USE

  • ①適量を手にお取り下さい

    pc-sp_soo_img04

  • ②運動の前に、肌にやさしくなじませます

    pc-sp_soo_img05

使用量の目安

1日1回を目安にお使い下さい。

  • 太ももに塗る場合
    片側前面で3プッシュ(約2g)
    両足で6プッシュ

  • ふくらはぎに塗る場合
    片足で2プッシュ
    両足で4プッシュ

※メントール配合で、非常に強い刺激を感じる場合があります。
ご使用の前に、商品に記載の「使用上の注意」をよくお読みください。

塗って数分後から、冷涼感を感じます。
(冷涼感は約30分間

pc-sp_soo_img06

使用後の評価

  • pc-sp_soo_img07

  • pc-sp_soo_img08

<調査対象者>週2回以上、ウォーキングや軽い運動の習慣がある60~85才の高齢者59名(うちフレイルの方 19名) 2019年4月実施
※フレイルにはプレフレイルの方も含む

使った方のご感想

CUSTOMER REVIEWS


pc-sp_soo_img09

塗ってもべたつかず、しばらくスーッとして気持ちが良い。運動前に使うことが習慣になった。ずっと使い続けたいと思う。(女性/フレイル)


pc-sp_soo_img10

冷涼感がとてもよく、気分が良かった。毎日出かけることが大切だと思うが、出かけるのが楽しく感じられた。ウォーキングをこれからも続けられる気がした。(女性/フレイル)


pc-sp_soo_img09

クール感が持続するのがよかった。お茶の香りも悪くなく、清涼感が気持ちよかった。(男性/フレイル)


pc-sp_soo_img10

冷涼感を感じて、とてもさわやかな気持ちになった。気温が高い時はひんやり涼しい感じがしてよい。すぐに乾くのでズボンにもつかずに良かった。(女性)


pc-sp_soo_img09

最初は面倒な気がしていたが習慣になった。運動する前に塗るだけなので手軽でよい。塗った後すぐにスーッとした。(女性/フレイル)


冷涼感で気持ちよく動ける事で、運動に前向きに取り組めています!

サンプルご請求

SAMPLE REQUEST

pc-sp_soo_common_img01

WEBアンケートにお答えいただいた方
全員に、
SOOクールローション
3本プレゼントいたします。

※医療・介護施設にご所属の方に限らせていただきます。

  • pc-sp_soo_common_banner

お問い合わせ

CONTACT

製品・サイトについてのお問い合わせ

btn

営業時間/9:00~12:00,13:00~16:00
(土・日・祝日・年末年始・夏季休業を除く)

ご返信できますようお客様の氏名、
電話番号、ファクシミリ番号をご記入下さい

新型コロナウィルスの感染症拡大防止のため、お電話での受付時間を変更しております。
◆受付時間9:00~12:00/13:00~16:00(土曜・日曜・祝日を除く)

お電話の混雑状況によって、つながりにくい場合がございますので、メールによるお問い合わせも併せてご利用ください。

ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

製品の誤飲・誤食、製品が目に入ったなど、緊急の場合は、すぐ医療機関にご相談ください。

また、製品サポート・Q&Aもご参照ください。

Page Top