塩素系洗浄剤

強力カビハイター スプレー付き 1000mL 業務用

厨房・浴室の落としにくいカビに! 泡がとどまって強力に効く!密着成分配合。厨房の壁面、浴室の壁、ゴムパッキン、シャワーホースなどの落としにくかった垂直面のカビも、泡が密着しとどまって効くことでしっかり退治します。同時に除菌*1・消臭・ウィルス除去*2もできます。*1すべての菌を除去するわけではありません。*2すべてのウイルスを除去するわけではありません。

容量・入数

1000ML×6

  • 原液使用
  • 除菌
  • アルカリ性
  • 液体
  • 目に注意
  • 子供に注意
  • 必ず換気
  • 酸性タイプと併用不可
  • マスク手袋着用

製品仕様

個(バラ)

サイズ(幅)

123mm

サイズ(奥行き)

97mm

サイズ(高さ)

237mm

重量

1.1kg

JANコード

4901301506177

梱(ケース)

サイズ(幅)

305mm

サイズ(奥行き)

257mm

サイズ(高さ)

254mm

重量

7.2kg

成分・使い方・ご注意など

使用方法

①ノズル先端部の「出」をきちんと▲印に合わせる。(この時、顔に向けない)
②約10 cm離してカビ汚れにスプレーする。(目より上には絶対スプレーしない。天井など目より上に使う時は、液を雑巾などにつけて塗りつける)
③約5分置いた後、充分に水洗いする。
※しつこい汚れには15分〜30分程度おくと効果的。
④使用後はノズル先端部の「止」をきちんと▲印に合わせる。作業後は必ず手を洗う。

●使用量の目安
1平方メートル当たり約10回スプレー

〈使えないもの〉
●獣毛のハケ・ブラシ
●木製品
●ホーロー、アルミニウム、真ちゅうなどの金属製品(サビの原因になる)
●しっくい壁、クロス壁、一部ユニットバスの化粧鋼板壁(磁石がつくのが鋼板)
●シンク、浴槽の栓などのゴム部分
●水洗いできない製品や場所

※このスプレー容器は強力カビハイター業務用1000mL専用。他の洗剤や漂白剤などを入れて使わない。
※次回からつけかえ用を。
※つけかえ時は液はね・液だれに注意。
※パッキンやコーキングなどの奥まで入り込んだカビは落としにくくなるので、早めにお手入れしてください。

成分・素材

次亜塩素酸塩、水酸化ナトリウム(0.5%)、界面活性剤(アルキルアミンオキシド)、安定化剤

注意・応急処置

必ず使用前に使い方と使用上の注意をよくお読みください
体調がすぐれない方や、心臓病・呼吸器疾患などの方は使わないでください。
●窓や戸を開ける、換気扇を回すなど必ず換気する。(2箇所以上開けると換気効果が高い)
●炊事用手袋・マスク・保護メガネを着用する。
●入浴中は絶対に使用しない。

〔使用上の注意〕
●用途外に使わない。
●子供の手の届く所に置かない。
●認知症の方などの誤飲や他の事故を防ぐため、置き場所に注意する。
●必ず単独で使用する。酸性タイプの製品や食酢・アルコールなどと混ざると有害なガスが発生して危険。
●一度に大量に使ったり、続けて長時間使わない。
●使用の時は、液が目に入らないように注意する。
●食品にかからないように注意する。
●外国製タイルは変色することがあるので、必ず目立たない場所で試してから使う。
●床や浴槽にたれ落ちたままにしておくと変色することがあるので、すぐに水洗いする。
●衣服や敷物に液がつくと脱色するので注意する。
●直射日光を避け、高温の所に置かない。
●倒して保管しない。
●破損を避けるため、落とさない。

〔応急処置〕
●目に入った時は、失明のおそれがある。こすらず直ちに流水で15分以上洗い流し、痛みや異常がなくても直後に必ず眼科医の診断を受ける。
●万一、有害な塩素ガスを吸い込んだ場合には、直ちに患者を風通しのよい場所に避難させ、安静にした後、速やかに医師の診断を受ける。手当てが遅れると生命にかかわるおそれがある。
●飲み込んだ時は直ちに多量の水や牛乳を飲ませる。無理に吐かせないで、速やかに医師の診断を受ける。
●皮ふについた時は、直ちに多量の水で充分洗い流す。手当てが遅れると炎症をおこすことがある。異常が残る場合は皮ふ科医の診断を受ける。
●使用中、目にしみたり、せき込んだり、気分が悪くなった時は、使用をやめてその場から離れ、洗眼、うがいなどをする。
※受診時は本品またはSDSを持参する。

※キッチンハイター、月星ブリーチC、ハイターEなどの塩素系漂白剤をつめかえない。「泡」にならず、液が飛び散り、危険。

●新製品および改良品の情報は、原則として発売当月の月初、または中旬に掲載しております。
(出荷状況により、出荷後の掲載になることもございます)
●販売期間、販売数量、および販売店・販売地域を限定した製品は、原則として掲載しておりません。
●製品の改良等にともない、成分や使用量などが変わる場合があります。ご購入、ご使用の際には、製品に表示されている内容をご確認ください。
●価格は販売店にてご確認お願いいたします。
※掲載基準は、変更になる場合がございます。
※販売終了後もお問い合わせの多い製造終了品については、こちらをご覧ください。

Page Top