介護現場の用語集

介護レクリエーション

かいごれくりえーしょん

レクリエーションとは、一般に仕事の疲労を癒すなどの目的で個人・集団にて行う娯楽やスポーツを意味します。介護施設様で行われる介護レクリエーションは、ご利用者様の活動性の維持・向上を目的としています。介護レクリエーションの種類はスポーツやゲーム、カラオケ、料理など多岐にわたり、ご利用者様の興味や身体機能に合わせた企画が求められます。また、レクリエーションの目的を設定した上で活動内容や手順をまとめた計画書を作成しておくと、レクリエーションをスムーズに進行できます。

介護におけるレクリエーションの重要性

介護施設におけるレクリエーションは、ご利用者様の生活の質(QOL:Quality of Life)を向上させ、施設で過ごす時間を充実したものとする役割があります。精神的な充実感も求められる介護サービスにおいて、改めて注目されている存在です。

レクリエーションは集団で行うもの、個別で行うもの、さらに食事や入浴などの生活面で行う基礎生活レクリエーションなどがあります。ご利用者様に楽しんでいただくことはもちろん、一人ひとりにとって最適なレクリエーションを提案する必要があります。スタッフ様は介護やご高齢者様に関する基礎知識を踏まえた上で、適切なレクリエーションを行いましょう。

レクリエーションの一例

体操やボール遊び、楽器の演奏、カラオケ、絵画、パズル、手芸、料理などアイディアはさまざまです。ここではレクリエーションの具体例を一部取り上げて紹介します。

  • 体操
    体操やストレッチなどを行い、身体を動かします。ご利用者様の身体機能の維持・向上や運動不足の解消、気分転換、他者との交流が主な目的です。ラジオ体操のように全身を動かすものから、じゃんけんのように指先を動かす体操など、アイディア次第でアレンジが可能です。 
  • カラオケ
    カラオケにはストレス解消や脳の活性化による認知症予防などの効果があり、ご高齢者様にも人気のレクリエーションの一つです。歌うことで喉や首周りの筋肉が鍛えられ、飲み込む力の低下を防ぐともいわれています。スタッフ様が合いの手を入れたり、一緒に歌ってみたりするのも良いでしょう。
  • 塗り絵/絵画
    塗り絵や絵画は道具さえあれば座ったまま、一人でもできるため、運動が苦手な方や個人でレクリエーションを行いたい方にも楽しんでいただけるメニューです。筆を持つ、消しゴムをつかむなど指先を動かす作業が多いため、脳の活性化につながるとされています。

Contact

お問い合わせ・ご相談

営業時間 / 9:00 ~17:00
(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)

03-5630-7130

ご返信できますようお客様の氏名、
電話番号、ファクシミリ番号
をご記入ください

Page Top