製品サポート・Q&A

エタノールとは?

エタノールは「消毒用エタノール」という医薬品として、皮膚や手術部位の消毒、医療器具の洗浄消毒などに用いられています。
また、種々の添加物成分を混合した製剤(エタノール製剤またはアルコール製剤)として、新指定医薬部外品や食品添加物の用途でも使われています。

殺菌・消毒効果

エタノールは、細菌の殺菌・消毒作用(緑膿菌・結核菌を含むほうが菌に対しては増殖を抑制する作用)をもち、カビや一部を除くウイルスに対しても幅広い不活化効果を有します。

関連する法規制

消防法(危険物該当性)

下記は危険物第4類引火性液体(指定数量400L*)に該当します。

  • エタノールを60wt%以上含有するアルコールおよびその製剤
  • 可燃性液体量が60wt%未満であってもエタノール60wt%水溶液の引火点および燃焼点を下回る液体

*危険物の種類ごとの危険性により、一定の数量(指定数量)以上を貯蔵したり取り扱ったりする施設は、許可や届出が必要です。

食品衛生法

食品衛生法は、食品に食品および食品添加物以外のものを加えることを禁じています。食品の衛生維持に使用されるエタノール製剤や次亜塩素酸ナトリウムは、食品添加物として認められた製品である必要があります。

「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」

薬機法は、人体(手指など)を消毒する用途で医薬品、医薬部外品、新指定医薬部外品以外の製品(食品添加物のエタノール製剤など)を使用することを認めていません。

pc_low_list04

pc_low_list04

sp_low_list04

手肌への影響

エタノールには脱脂効果があります。そのため、業務中の手指消毒などでエタノール製剤を頻繁に使用する方は、手荒れ防止のためにハンドクリームなどでスキンケアをすることが大事です。

材質に与える損傷性

下記の材質や製品にエタノールが付着すると、変色や膨潤、破損することがあるため、付着しないように注意してください。また、液が付着したらすぐに拭き取ってください。

  • ワックス、ペンキ、ニスなどの塗装面
  • 木製品や紙製品
  • 家具
  • 衣料
  • メガネ
  • 時計
  • 皮革
  • 樹脂材質(アクリルやスチロールなど)
  • ゴム

お問い合わせ・ご相談

Contact

ご利用いただいている製品や、ご検討中の弊社製品・サービスによる
業務の改善・ソリューションに関するご相談、ご要望など、何なりとお問い合わせください。

Page Top