製品サポート・Q&A

Q.

汚物処理の方法を知りたい

A.

作業時の服装、作業前の準備物、作業手順を確認してください。

詳しく解説

次亜塩素酸ナトリウムを使った汚物処理方法を解説します。

作業時の服装

作業時は下記を着用してください。

  • 使い捨て帽子
  • 保護メガネ
  • 使い捨てマスク
  • 使い捨て手袋
  • 使い捨てエプロンまたはガウン(不浸透性)
  • 使い捨て靴カバー

   ※使い捨て手袋は3~4組準備します。
   ※時計と指輪は外します。

pc-sp_waste-treatment_img01

作業前に準備するもの

作業前に下記を準備してください。

●バケツ(次亜塩素酸ナトリウム消毒液用)

pc-sp_waste-treatment_img02

●バケツ(処理済みペーパー入れ)

pc-sp_waste-treatment_img03

※ビニール袋を2枚重ねにしてバケツに入れます。

●ビニール袋(2~3枚)

pc-sp_waste-treatment_img04

●拭き取り用ペーパー

pc-sp_waste-treatment_img05

※処理済みペーパーを入れるバケツは、2枚重ねにしたビニール袋のみでも代用できます。

次亜塩素酸ナトリウム消毒液の準備

必要に応じた濃度の次亜塩素酸ナトリウム消毒液を用意します。
有効塩素濃度5%の次亜塩素酸ナトリウムを用いる場合は、水1Lに対して20mLが目安です。

pc-sp_waste-treatment_img06

汚物処理の作業手順

以下の手順で汚物処理を行ってください。
処理を行う際は充分な換気を行い、作業者以外は近づかないようにしましょう。

1.汚物にペーパーをかぶせる。

pc-sp_waste-treatment_img07

2.汚物をペーパーで拭き取り、ビニール袋に入れる。

pc-sp_waste-treatment_img08

※外側から内側へ静かに拭き取る。

3.1枚目の手袋を外し、1枚目のビニール袋に入れる。

pc-sp_waste-treatment_img09

4.新しい手袋を着用し、汚物があった場所にペーパーをかぶせる。

pc-sp_waste-treatment_img10

5.次亜塩素酸ナトリウム消毒液をまんべんなくかける。

pc-sp_waste-treatment_img11

※ペーパーおよび壁など周辺のできる限りの範囲を処理する。
※10~15分間放置する。

6.ペーパーを取り除き、残った除菌漂白剤を中央に向かって拭き取る。

pc-sp_waste-treatment_img12

7.手袋をビニール袋に捨て、新しい手袋を着用する。

pc-sp_waste-treatment_img13

※この際、廃棄物が充分に浸る量の除菌漂白剤をビニール袋に入れることが望ましい。

8.1枚目のビニール袋の口を縛る。

pc-sp_waste-treatment_img14

9.靴カバー→手袋→保護メガネ→エプロンまたはガウン→帽子→マスクの順に脱ぎ、ビニール袋に入れる。

pc-sp_waste-treatment_img15

※汚染面を触らないよう注意する。
手袋・エプロンの外し方を参照。

10.2枚目のビニール袋の口を縛り、廃棄する。

pc-sp_waste-treatment_img16

※移動の際は二次汚染防止のため、設備(ドアノブなど)に触らないよう注意する。

11.手洗い・うがいを充分に行い、作業を終了する。

pc-sp_waste-treatment_img17

※最後に、処理した範囲を水拭きする。

作業時の注意

次亜塩素酸ナトリウムは、酸性タイプの製品と混ぜると有毒な塩素ガスが発生し危険ですので、注意してください。

作業終了後の注意

処理作業が終了したら、以下のことを行ってください。

  • 使用した用具、用具を洗浄した場所の洗浄・消毒を行う。
  • 衣服に嘔吐物が付着してないか確認する。
  • 手洗い、うがいを充分に行う。

手袋・エプロンの外し方

手袋の外し方

手袋は以下の手順で外してください。

1.袖口から3cmの部分をつかむ。

pc-sp_waste-treatment_img18

2.手袋の中で丸め込む。

pc-sp_waste-treatment_img19

3.手袋を外したてでもう片方の袖口に差し入れる。

pc-sp_waste-treatment_img20

4.先に外した手袋を包みながら、手を引き抜く。

pc-sp_waste-treatment_img21

※外した手袋は持ち替えず速やかに捨てる。

エプロンの外し方

エプロンは以下の手順で外してください。

1.首の後を引っ張って破る。

pc-sp_waste-treatment_img22

2.すそを持ち、表面が内側になるように丸める。

pc-sp_waste-treatment_img23

3.腰ひもを引っ張り破る。

pc-sp_waste-treatment_img24

お問い合わせ・ご相談

Contact

ご利用いただいている製品や、ご検討中の弊社製品・サービスによる
業務の改善・ソリューションに関するご相談、ご要望など、何なりとお問い合わせください。

Page Top