介護現場の用語集

清拭

せいしき

清拭とは、入浴が難しいご利用者様の身体をタオルで拭き清潔を保つことを指します。メリットは、清潔な状態の保持、皮膚のトラブル悪化の防止などが挙げられます。清拭は基本的に上半身、下半身、陰部の順番で行います。プライバシーを守るためバスタオルなどで肌の露出を最小限にする、体温を維持するため室温を調整するといったご利用者様への配慮が大切です。

清拭の効果

清拭の主な目的は、清潔の保持と皮膚の状態の確認です。
皮膚に付着している細菌や汚れを拭き取るので、身体を清潔な状態に保つことができます。また、温かいタオルを使用して摩擦刺激を与えることで、血行促進が期待できます。さらに、爽快感を得られる、気持ちが落ち着くなど心理的に良い効果をもたらすといわれています。
また、清拭はご利用者様の皮膚の状態を確認する絶好の機会です。定期的に清拭を行うことで皮膚トラブルを早期発見することが可能になります。

清拭に必要な物品と手順

清拭に必要な物品は主に以下の通りです。

  • 清拭用タオル
  • バスタオル
  • 洗浄料
  • クリーム/ローションなどの保湿剤
  • 約50~55℃のお湯
  • 洗面器
  • バケツ
  • 着替え など

清拭は、上半身、下半身、陰部の順番で行います。清拭を行う前は必ず手指衛生を行い、手袋・エプロンを着用しましょう。清拭後は、乾燥した部分を中心に保湿剤を塗布して肌トラブルの予防に努めます。

注意すべきポイント

清拭を行うときはご利用者様の気持ちに配慮した行動を心掛けましょう。ここでは体調・体温・プライバシーなどの気を付けるべきポイントを紹介します。

・体調
ご利用者様に健康状態を伺い、体調が悪いときは清拭を控えるようにしましょう。ご利用者様の身体への負担を考え、全身を拭く「全身清拭」と、身体の一部を拭く「部分清拭」を使い分けてください。
 

・体温
ご利用者様の身体が冷えないように、室温は22~26度に調節します。窓は閉めて、風が入らないよう注意してください。拭いていない部位にはバスタオルをかけるなど、体温が奪われないように工夫しましょう。
 

・プライバシー
身体にバスタオルをかけ、できるだけ肌を露出させないようにします。カーテンや窓も閉めて、外から見えないようにする心配りも必要です。陰部を清拭する際は、ご利用者様ご本人に拭いていただくか確認することも1つの方法です。

「清拭」関連コラム

Contact

お問い合わせ・ご相談

icon_00.png

営業時間 / 9:00~12:00、13:00~16:00
(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)

icon_fax

03-5630-7130

ご返信できますようお客様の氏名、
電話番号、ファクシミリ番号
をご記入ください

新型コロナウィルスの感染症拡大防止のため、お電話での受付時間を変更しております。
受付時間9:00~12:00/13:00~16:00(土曜・日曜・祝日を除く)

お電話の混雑状況によって、つながりにくい場合がございますので、
メールによるお問い合わせも併せてご利用ください。
ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

製品の誤飲・誤食、製品が目に入ったなど、緊急の場合は、すぐ医療機関にご相談ください。
また、製品サポート・Q&Aもご参照ください。

Page Top