緊急時の対処 汚物処理の仕方

適切な汚物処理がカギ

嘔吐物や排泄物の適切な処理は感染を防ぐカギとなります。ここでは嘔吐が発生したケースを例に、正しい処理の方法や感染対策のポイントについて紹介します。

汚物処理には次亜塩素酸ナトリウムを

汚物処理には次亜塩素酸ナトリウムが最適です。これは消毒剤の一種で、塩素系除菌漂白剤の主成分でもあります。インフルエンザウイルスやノロウイルスにも有効とされる消毒効果が特徴です。使用箇所に合わせて薄めることで幅広い場所を消毒できますが、汚物処理には有効塩素濃度1000ppm(0.1%)以上の希釈液が推奨されています。

次亜塩素酸ナトリウムを作り置きしていませんか?

嘔吐などのトラブルはいつ発生するか分からないもの。いざというときすぐに対処できるように希釈液を作り置きしている方もいるかもしれません。しかし、次亜塩素酸ナトリウム希釈液の消毒効果は時間の経過とともに弱くなり、不十分な消毒がかえって感染を広げる可能性もあります。次亜塩素酸ナトリウムは必要なときに必要な分だけ希釈して使用しましょう。

消毒液の調製方法(6%次亜塩素酸ナトリウムの希釈方法)

img15

img15

img15_sp

参考資料:厚生労働省 高齢者介護施設における感厚生染対策マニュアル


業務改善のヒント「緊急時の対処 汚物処理の仕方」資料配布中!無料ダウンロードはこちらから

業務改善のヒント「緊急時の対処 汚物処理の仕方」資料配布中!無料ダウンロードはこちらから

業務改善のヒント「緊急時の対処 汚物処理の仕方」資料配布中!無料ダウンロードはこちらから


汚物処理の仕方

嘔吐は突然発生することが多いため、あらかじめ処理に必要なアイテムがひとまとめになったものを用意しておくと処理もスムーズです。効果のある消毒薬を用い正しい手順で処理すれば、感染のリスクを減らすことができます。定期的に感染対策研修などを行い、いつ、どこで嘔吐が発生しても対応できるよう訓練しておきましょう。適切な汚物処理方法について、ポイントを解説します。

準備

img16-12

手指洗浄剤

img16-13

手指消毒剤

img16-14

手指用の保湿ローション
または保湿クリーム

img16-15

保護メガネ、帽子、マスク、
手袋、シューズカバー

img16-17

バケツ(ポリ袋2枚重ね)、
ペーパー

img16-19

ガウン

手順

img16-1

・個人防護具を着用する
・汚物にペーパーをかぶせる

img16-2

ペーパーで中央に向かって汚物を拭き取る

img16-3

汚物を拭き取ったペーパーをポリ袋に回収する

img16-4

床に新しいペーパーを敷く

img16-5

次亜塩素酸ナトリウムをまく
※ペーパーおよびカベなど周囲の出来る限り広い範囲を処理する
※10~15分放置する

img16-6

ペーパーを回収後、残った次亜塩素酸ナトリウムを中央に向かって拭き取った後、更に拭き取るか流水で洗い流す

img16-7

拭き取ったペーパーをポリ袋に捨てる

img16-8

手袋をポリ袋に捨て手指衛生をした後、新しい手袋を着用する
※必要に応じて、次亜塩素酸ナトリウムを廃棄物が十分に浸る量入れる

img16-9

1枚目のポリ袋の口を縛る
※汚物が飛散する可能性があるので、空気は抜かない

img16-10

sp_img16-10

sp_img16-10

シューズカバー→手袋→メガネ→ガウン→帽子→マスクの順に脱ぎ2枚目のポリ袋に入れ、口を縛り捨てる

img16-11

処理後、速やかに手指衛生とうがいを十分に行う

Contact

お問い合わせ・ご相談

icon_00.png

営業時間 / 9:00~12:00、13:00~16:00
(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)

icon_fax

03-5630-7130

ご返信できますようお客様の氏名、
電話番号、ファクシミリ番号
をご記入ください

新型コロナウィルスの感染症拡大防止のため、お電話での受付時間を変更しております。
受付時間9:00~12:00/13:00~16:00(土曜・日曜・祝日を除く)

お電話の混雑状況によって、つながりにくい場合がございますので、
メールによるお問い合わせも併せてご利用ください。
ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

製品の誤飲・誤食、製品が目に入ったなど、緊急の場合は、すぐ医療機関にご相談ください。
また、製品サポート・Q&Aもご参照ください。

Page Top