介護現場の用語集

ノロウイルス

ノロウイルス

ノロウイルスとは、感染性胃腸炎の原因になるウイルスのことを指します。強い感染力を持ち、ほんの少量のウイルスでも中毒症状を示すことが特徴で、乳幼児から高齢の方まで幅広い年齢層がかかる感染症です。主な症状は、急な腹痛と激しい嘔吐・下痢などです。年間を通して感染のリスクがありますが、特に冬場に流行します。ノロウイルスは、85℃以上の熱や次亜塩素酸ナトリウムによって不活化することができます。手指に付着している場合は洗浄で洗い流すことが有効です。

ノロウイルスの感染経路

ノロウイルスの主な感染経路は経口感染であり、下記のような経路が考えられます。

  • 食品取扱者が感染しており、その者を介して汚染された食品を食べた場合
  • 汚染されていた二枚貝を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合
  • ノロウイルスに汚染された井戸水や簡易水道の水を消毒不十分で摂取した場合
  • ノロウイルス感染者の嘔吐・下痢により二次感染した場合

他の感染経路として、接触感染、飛沫感染も考えられます。接触感染はノロウイルス感染者の排泄物や嘔吐物に接触後、汚染されたを手指や物品を口に入れることにより、ノロウイルスが口に入って感染することを指します。また、ノロウイルスによる飛沫感染とは、ノロウイルス感染症を発症している人の嘔吐物や下痢便などが床に飛び散り、その飛沫を吸い込んで感染する場合をいいます。
ノロウイルスはこのようにさまざまな感染経路をとるために感染が拡がりやすく、高齢者介護施設では症状も出やすいため、集団感染のリスクが高い感染症です。

ノロウイルスの感染対策の一例 感染者がトイレを利用した後の処置

感染した方がトイレを利用した後は殺菌・消毒を行って二次感染を防ぎましょう。ノロウイルスに感染した方の排泄物にはウイルスが含まれており、感染のリスクがあります。そのため、トイレが感染拡大の原因となることも珍しくありません。

  • 便器のフタを閉めてから水を流す
    便器のフタを閉めて水を流すことで、ウイルスの飛散を防ぎます。
  • 消毒剤で殺菌する
    ノロウイルスには次亜塩素酸ナトリウムによる消毒が有効です。次亜塩素酸ナトリウムを0.02%(200ppm)に薄めた消毒液を用いて便器のフタ、流水レバー、ペーパーホルダー、便器、スイッチ類、ドアノブ、汚物入れなどを消毒しましょう。和式トイレの場合は床の消毒も行います。

ノロウイルスに感染したご利用者様のおむつ交換を行う場合は、マスク・エプロン・手袋の着用が必須です。交換したおむつは必ずビニール袋に入れて密封し、各自治体の廃棄方法に従い処分しましょう。

ノロウイルスの感染対策・嘔吐物処理のポイント

感染者の排泄物と同じく、嘔吐物にも高い感染リスクがあります。嘔吐物処理のポイントを把握しておきましょう。

  • 汚染場所に近付かない
    嘔吐が発生したら、嘔吐物を処理する人以外は汚染場所に近付かないよう指示しましょう。嘔吐物は見た目よりも広範囲に飛び散っており、嘔吐物が乾燥してからも感染の恐れがあります。特にご高齢の方は免疫力が低下し感染しやすくなっているため注意してください。
  • マスク、手袋、エプロン、靴カバーなどを着用する
    嘔吐物に直接触れることがないように、マスク、手袋、エプロンなどで防御しましょう。嘔吐時に飛散したウイルスや嘔吐物処理時の飛沫しているウイルスを吸い込むリスクを低減するために、サージカルマスクを着用する必要があります。
  • 汚物を迅速に処理する
    嘔吐物はできるだけ早くペーパータオルなどで拭き取り、ビニール袋に入れて口を縛ってください。その後、周囲を次亜塩素酸ナトリウムで消毒しましょう。嘔吐物処理には0.1%(1000ppm)に薄めた次亜塩素酸ナトリウムの消毒液が有効です。
  • 窓を開ける
    処理中と処理後は窓を開けて空気の入れ替えをしましょう。

花王プロフェッショナル・サービスでは介護施設様向けに感染対策の基礎知識をご紹介しています。嘔吐物処理の基本手順は「緊急時の対処 嘔吐物の処理の仕方」をご覧ください。

施設でノロウイルスが発生したら?

施設内でノロウイルスが発生(疑いも含む)したら、まずは嘔吐物の誤嚥や窒息に注意し、医師の指示のもと、脱水予防などの対症療法を行う必要があります。感染拡大の防止にも努めましょう。 
ノロウイルスは感染力が強いため、リネン類や日用品を介して感染する可能性があります。ご利用者様が感染した場合は個室に移すなどして隔離するとともに、次亜塩素酸ナトリウムで環境の消毒を行ってください。そして最寄りの保健所に感染者数や症状、対応状況などを報告して指示を仰ぎましょう。ご家族との接触や面会の制限も必要です。
 さらに、スタッフ様の健康管理も重要です。ノロウイルスに感染したスタッフ様が無理に業務に従事するとさらなる感染拡大を招くため、出勤停止や自宅待機を命じるなどして対処します。ノロウイルスなど感染症による出勤停止を定めた法律はないため、就業規則などであらかじめ「病者の就業禁止」を規定し、施設内感染のリスクを避ける必要があります。

Contact

お問い合わせ・ご相談

営業時間 / 9:00 ~17:00
(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)

03-5630-7130

ご返信できますようお客様の氏名、
電話番号、ファクシミリ番号
をご記入ください

Page Top