介護現場の用語集

レジオネラ

れじおねら

レジオネラ(レジオネラ属菌)とは、土の中や河川、湖沼などの環境に生息している細菌です。高齢者や病人などの抵抗力が弱まっている人に感染すると、レジオネラ症を引き起こします。レジオネラ症の病型は劇症型の「レジオネラ肺炎」と、一過性の発熱を引き起こす「ポンティアック熱」に分けられます。ポンティアック熱は軽症で済むことが多い一方、レジオネラ肺炎は呼吸困難や意識障害などを引き起こし、重症化すると死に至ることもあります。

レジオネラ症の感染経路

レジオネラ症は、レジオネラに汚染された水の粒子(エアロゾル)を体内に吸入することで感染します。人から人への感染は起こりません。レジオネラは生物膜(バイオフィルム)という、水が停滞する場所にできるぬるぬるした膜で増殖するため、循環式浴槽や加湿器などが感染源になる可能性があります。またシャワーも内部でレジオネラ属菌が増殖し、エアロゾルとともに吸入してレジオネラ症が発症することがあります。

レジオネラ症の予防法

レジオネラ症を予防するためには、厚生労働省が発表している「レジオネラ症発生対策3原則」を意識して施設の清掃・消毒を行いましょう。

【レジオネラ症発生対策3原則】

  • 増殖させない
  • 発生させない
  • 吸い込ませない

レジオネラの発生や増殖を防ぐには、生物膜(バイオフィルム)ができないように浴槽の換水や消毒を徹底することが重要です。また、レジオネラを吸い込ませないために、エアロゾルを形成しやすく肺に吸引する機会が多いもの(循環式浴槽やシャワー、加湿器など)に注意して清掃を行いましょう。

施設でレジオネラ症が発生したら?

施設でレジオネラ症と疑われる患者が発生した場合は、まず速やかに所轄の保健所に連絡しましょう。またレジオネラが発生・増殖した原因を特定するため、浴槽やシャワーの利用を中止して施設の現状を保持してください。

レジオネラの感染対策・浴室清掃の啓発にポスターをご活用ください

花王プロフェッショナル・サービス「業務改善ナビ」では「ニューズレター 介護現場における感染対策 レジオネラ症対策編」「浴室清掃マニュアルポスター」などのダウンロードコンテンツをご用意しております。衛生管理の啓発等にぜひご活用ください。

Contact

お問い合わせ・ご相談

icon_00.png

営業時間 / 9:00~12:00、13:00~16:00
(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)

icon_fax

03-5630-7130

ご返信できますようお客様の氏名、
電話番号、ファクシミリ番号
をご記入ください

新型コロナウィルスの感染症拡大防止のため、お電話での受付時間を変更しております。
受付時間9:00~12:00/13:00~16:00(土曜・日曜・祝日を除く)

お電話の混雑状況によって、つながりにくい場合がございますので、
メールによるお問い合わせも併せてご利用ください。
ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

製品の誤飲・誤食、製品が目に入ったなど、緊急の場合は、すぐ医療機関にご相談ください。
また、製品サポート・Q&Aもご参照ください。

Page Top