おむつの選び方・使い方

正しいおむつの選び方・使い方

ここでは、おむつの種類から選び方・使い方など、基本的な内容をご紹介します。おむつはご利用者様の排泄の自立度によって選び方が変わりますから、適切なケアを行うためにも基礎をおさえておきましょう。

おむつの種類

おむつには、大きく分けて外側のおむつ(アウター)尿とりパッド(インナー)の2種類があります。外側のおむつは、尿を吸収するとともに尿とりパッドを固定する役割があり、排泄の自立度別に種類が異なります。
尿とりパッドはおむつの中に入れて併用するものです。尿を吸収する役割を持ち、尿量・交換間隔によって使用する尿とりパッドを選びます。

外側のおむつ(アウター)の種類と選び方

外側のおむつは、排泄の自立度によって適切なタイプがあります。例えば、一人で行動できるご利用者様にはパンツタイプ、終日寝た状態のご利用者様には、テープ止めタイプをあてることをおすすめします。
また、日中はパンツタイプ、夜間はテープタイプなど、使い分けている方には2wayタイプのご使用もおすすめです。

紙おむつ選びの考え方(アウターの位置づけ)

尿とりパッド(インナー)の種類と選び方

続いて尿とりパッドの選び方を紹介します。
尿とりパッドを頻繁に交換できる方や、尿量の少ない方には吸収回数の少ない尿とりパッドが良いでしょう。対して、頻繁に尿とりパッドを交換できない方や尿量の多い方、夜間・一晩中あてておきたいという方には、吸収回数の多い尿とりパッドをおすすめします。
なお、通常の尿とりパッドは外側に防水シートを使用していて水分を通さないので、何枚も重ねても吸収量を増加させることはできません。 むしろギャザーの機能を妨げ、水分をせき止められずモレにつながることもあります。 また、おむつの中がモコモコすることで不快になったり、無駄なパッドが増えたりと、デメリットばかりなのです。ご利用者様に適した吸収回数の尿とりパッドを使用しましょう。

インナーの尿とりパッドを選ぶには…

「リリーフ 病院施設用」豆知識

正しいおむつの使い方

このような使い方をしていませんか?

おむつや尿とりパッドを重ねてあてたり、ゆるすぎるおむつをあてたりなど、誤った使い方をしていませんか?
間違ったおむつのあて方をしてしまうと、おむつが正しく機能しないだけでなく、ご利用者様に不快感を与えてしまう可能性があります。
以下で正しいおむつの使い方を紹介しますので、しっかりとおさえておきましょう。

効果的なおむつの使い方

POINT1. 多重使いをしない

おむつ同士、尿とりパッド同士を重ねても吸収量を上げることはできません。おむつと体の間に隙間ができ、かえってモレの原因となります。ご利用者様にとっては、もこもこして不快なだけでなく、不自然な姿勢になることで大きな体圧がかかり褥瘡につながることもあります。
基本的には、アウターとインナーを1枚ずつご使用になることをおすすめします。

POINT2. 尿とりパッドを上手に使い分ける

頻繁に交換できる日中も、夜間も同じ吸収回数のパッドを使っていませんか。排尿間隔や尿量、交換時間を考慮しないで尿とりパッドを使うと、モレたり、肌トラブルの要因となります。尿とりパッドは複数のタイプが揃っていますので、尿量や交換のタイミングに合わせて上手に使い分けましょう。トータルで見ると、介護負担を軽減し、コスト削減にもつながります。

POINT3. 夜間のおむつ交換はできるだけ避ける

夜間のおむつ交換はご利用者様の眠りを妨げてしまいます。
夜間はご利用者様の安眠をしっかりと確保し、日中は覚醒しているといったメリハリが必要です。
ご利用者様の生活の質の向上につながります。

POINT4. 摩擦除去

位置修正のためにおむつを引っ張ることは止めましょう。摩擦は褥瘡などの肌トラブルを引き起こす原因になります。位置を直すときは必ず体位交換をして行いましょう。
また、モレを防ぐために男性器を尿とりパッドで巻いたりしていませんか。これは防水シートが肌に長時間接触し、肌トラブルにつながるので避けましょう。

POINT5. 衛生保持

外側のおむつ(アウター)は1日1回は交換しましょう。
尿とりパッドを併用するとおむつがあまり汚れないので、続けてお使いになるケースが多くみられます。おむつ交換の際に何度も手で触れられて雑菌が付着しています。「肌着」と同じと考え、1日1回は新しいものと交換しましょう。

POINT6. 適切なサイズ選択

外側のおむつ(アウター)は体に合ったものを選びましょう。
ゆるすぎるおむつは、モレや不快感につながります。
テープ止めタイプは腰回りのサイズ、パンツタイプはウエストのサイズで適切なサイズを選びましょう。

Contact

お問い合わせ・ご相談

営業時間 / 9:00 ~17:00
(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)

03-5630-7130

ご返信できますようお客様の氏名、
電話番号、ファクシミリ番号
をご記入ください

Page Top