介護現場の用語集

ホルダーパンツ(布パンツ)

ほるだーぱんつ(ぬのぱんつ)

ホルダーパンツとは、尿とりパッドを安定して保持するために着用する介護用の布パンツです。ホルダーパンツそのものに吸水性はないため、尿とりパッドとの併用が前提です。パンツタイプの紙おむつに比べて肌にフィットすることや、通気性が高いため肌トラブルが少ないなどのメリットがあります。

ホルダーパンツのメリットとデメリット

大人用紙おむつには、主にテープ止めタイプやパンツタイプ、ホルダーパンツなどの種類があります。紙おむつは尿失禁・便失禁のあるご利用者様には欠かせないアイテムの一つですが、安易に紙おむつの着用をすすめると、ご利用者様本人の自尊心が傷ついてしまったり、尿意や便意が後退したりしてしまうこともあります。ご利用者様の状態に合わせて、紙おむつやホルダーパンツ、尿とりパッドなどを組み合わせて使用しましょう。
ホルダーパンツの場合は尿とりパッドと併用する形がスタンダードですが、パッド不要の吸水パンツ(軽失禁対策用)や股間クロッチ部などに吸水性があるホルダーパンツ(軽い尿もれ用)などの製品も展開されています。

【ホルダーパンツのメリット】

  • 布製なので普通の下着と見た目が変わらず、ご利用者様の抵抗感が少ない
  • 肌にフィットするので肌触りが良い
  • 尿とりパッドをしっかりと固定できるので、ズレたりヨレたりせず尿モレ防止になる
  • 通気性に優れているため皮膚トラブルの防止も期待できる
  • 洗濯すれば繰り返し使えるため、費用は尿とりパッドのみで経済的 ごみの削減にも役立つ

【ホルダーパンツのデメリット】

  • ホルダーパンツ単体では吸水性がない(尿とりパッドとの併用が前提)
  • 尿や便で汚れたときは洗濯が必要

ホルダーパンツの着用はどんなご利用者様におすすめするべき?

ホルダーパンツは、下記のようなご利用者様に最適です。

  • トイレには行けるけど、ときどき間に合わないときがある方
  • 普通の下着だと、尿とりパッドがズレたりヨレたりする方

ホルダーパンツはお腹や脚回りの締め付けが少ないものを選ぶと、より快適に着用していただけます。

なお、2018年(平成30年度)の介護報酬改定より、排せつ支援加算が新設されました。これは排泄について支援が必要と判断されたご利用者様に対して、支援計画を作成・実施し一定期間高い評価を与えられれば算定されます。排泄日誌などを元に適切な計画を立て、ご利用者様が少しでもトイレで排泄ができるような介護を行っていくことが求められます。

Contact

お問い合わせ・ご相談

営業時間 / 9:00 ~17:00
(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)

03-5630-7130

ご返信できますようお客様の氏名、
電話番号、ファクシミリ番号
をご記入ください

Page Top