介護現場の用語集

施設長(ホーム長)

しせつちょう(ほーむちょう)

施設長とは、施設の責任者である人を指します。呼び方は、施設によってホーム長、センター長、事業所長、管理者などさまざまです。主な仕事はスタッフ様の採用、指導、管理などの人材マネジメントや、経営管理、ご利用者様・ご家族様・取引業者への対応などがあります。施設によって、施設長に求められる必要な資格や要件は異なります。

施設長の資格要件

施設長(管理者)の資格要件は、施設によって変わります。

施設長になるには

施設長になる人材には、例えば次のような能力が求められます。

  • 人材マネジメント能力
    施設長は、スタッフ様の採用や人員配置、教育などを行うことがあります。そのため、適切な人材を採用したり、一人ひとりの能力を活かした人員配置をしたり、満足度の高いサービスが提供できるように教育をしたりする人材マネジメント能力が必要になります。
  • 介護業務のマネジメント力
    提供する介護サービスが、適切に提供されるようマネジメントを行います。介護サービスの内容を理解し、サービスの品質を保つようスタッフ様に働きかける役割が求められます。事故防止(リスクマネジメント)や食中毒・感染症の対策など安全管理の責任も負います。
  • 経営管理能力
    施設長は、施設の経営管理を担います。赤字を出さないために収支管理の知識を身に付けることが大切です。
  • コミュニケーション能力
    施設長は、ご利用者様やご家族様、取引先など施設に関係する方々と話し合う機会もあります。その際に円滑なやり取りができるように、コミュニケーション能力が欠かせません。また、安心して施設を利用していただくために、信頼感を得ることも大切です。

施設長に求められる能力は、勤務先によって異なります。施設長を目指す方は、施設ごとに求められる役割と責任を確認しながら現場での経験を重ね、キャリアアップを目指しましょう。

Contact

お問い合わせ・ご相談

営業時間 / 9:00 ~17:00
(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)

03-5630-7130

ご返信できますようお客様の氏名、
電話番号、ファクシミリ番号
をご記入ください

Page Top