介護現場の用語集

介護老人保健施設(老健)

かいごろうじんほけんしせつ(ろうけん)

介護老人保健施設(老健)とは、要介護者が在宅で日常生活を送れるようにするために、看護・介護やリハビリ、生活支援サービスなどを提供する施設を指します。介護保険サービスで利用できる「介護保険施設」の1つです。特別養護老人ホーム(特養)と異なりリハビリを実施できる点が特徴で、基本的に65歳以上の要介護度1以上の方に入所資格があります。

リハビリが中心 在宅復帰を目指す

介護老人保健施設は、要介護者の在宅復帰を目的にさまざまなサービスを提供している介護保険施設です。介護保険施設は、特別養護老人ホーム介護老人保健施設介護医療院の3種類に分類されます。ここでは介護老人保健施設の特徴をまとめました。

  • 入居基準
    65歳以上の要介護度1以上のご高齢者が対象です。施設によっては、病状が安定している(入院の必要がない)、感染症にかかっていないなどの条件が加えられます。
  • 入居期間
    介護老人保健施設は終身利用が難しく、入居期間が定められていることも珍しくありません。在宅復帰を目的としていますので、入居期間を3~6か月と定める施設が多くを占めています。
  • リハビリ
    介護老人保健施設の一番の特徴は、ご利用者様の在宅復帰を目的として、リハビリを重視している点です。施設では理学療法士や作業療法士などによる機能訓練を受けられます。特別養護老人ホームも同じくご利用者様の生活支援を目的とする施設ですが、こちらは介護をメインとしている点で異なります。
  • 医療・看護ケア
    介護老人保健施設では常勤医師が1人以上在籍することを基本としています。看護師も常駐していますので、医学的な面からご利用者様の健康管理を行うことができます。
  • 日常生活の介護
    食事や排泄、入浴などの介護を受けられます。

介護老人保健施設で働くスタッフ様の仕事内容

介護老人保健施設で働くスタッフ様の仕事内容は次の通りです。下記は一例であり、施設によってスタッフ様の役割は異なります。

介護老人保健施設では、医師や看護師、栄養士、理学療法士等と連携しながらご利用者様の在宅復帰を支援します。チームでご利用者様のケアをしたいと希望する方にはおすすめの職場といえるでしょう。

在宅強化型老健と従来型老健

在宅強化型老健とは、その名の通りご利用者様の在宅復帰を目的とした施設です。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの人員が充実しており、在宅復帰に向けたリハビリ・レクリエーションを重点的に行なわれている点が特徴です。
在宅強化型老健は人員配置や在宅復帰率、ベッドの回転率、重度者の割合などにおいて、従来型老健とは異なる厳しい要件が定められています。要件を満たした施設が都道府県所定の書類(計画書等)を記入し届け出ることで「在宅強化型老健」と認められます。
在宅介護であればご利用者様は自宅で安心して生活でき、QOL向上などのメリットが見込めます。さらに介護保険料の抑制などの社会的な利点もあるため、政府は在宅復帰の強化に取り組んでいます。

Contact

お問い合わせ・ご相談

営業時間 / 9:00 ~17:00
(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)

03-5630-7130

ご返信できますようお客様の氏名、
電話番号、ファクシミリ番号
をご記入ください

Page Top