花王プロフェッショナル・サービス

HACCPの基本

HACCPの基礎知識

HACCP方式と従来の検査方式の違い

従来の抜き取り検査では、すべての製品の安全性を担保できませんでしたが、HACCP方式は、各工程の管理によって最終製品の安全性を担保することができます。

HACCPの導入

HACCPでは、「HACCPプラン」とこれを効果的に運用するための「一般衛生管理プログラム」が求められます。一般衛生管理は、従業員の健康管理、食材の取り扱い、施設設備の衛生管理、器具類の衛生管理など、日常行っている衛生管理のことです。

HACCPの導入にあたっては、現状の衛生管理を整理しましょう。整理した結果を踏まえて、「HACCPプラン」と不足している「一般衛生管理」を策定し、実施・記録・保存を行いましょう。日常の衛生管理と合わせて「HACCPによる衛生管理」を実施することで、食品の汚染と異物混入を防止し、安全で衛生的な食品が提供できます。

HACCP(7原則12手順)

コーデックス委員会の示すHACCPは、以下の7原則12手順から構成されています。

HACCP(7原則12手順)

一般衛生管理

コーデックス委員会の示すHACCPでは、HACCPプランを効果的に運用するために、このプランの前提条件として「一般衛生管理プログラム」が示されています。

一般衛生管理プログラム

一般衛生管理の具体例


一般衛生管理

従業員の健康管理、食材の取り扱い、施設設備の衛生管理、器具類の衛生管理など

Page Top