• 客数アップ

ランチタイム客をディナータイムに集客するための3つのアイディア

main_ph

突然ですがあなたが経営する飲食店では、ランチタイムをやっていますか?やっている場合、「ディナータイムに来店してくださるお客様を集客するためには、まずはランチで店のことを知ってもらわないといけないからね。利益はあまり出ないし仕込みは大変になるけど、なんとか歯を食いしばってやっているよ。」という方も多いのではないかと思います。
 

でも、ずばりお聞きします。「本当にランチタイムのお客様はディナータイムにもご来店してくださっていますか?」実は、せっかく店の知名度を上げるためにランチタイムを頑張ってやっていても、「ランチ客はランチ利用だけ。ディナーには来たことがない。」という店舗が多いのです。
 

そう言われてみれば・・・・・・と思われる方もいらっしゃるでしょう。なぜこのような事態になってしまうかと言うと、「ランチタイム客をディナータイムに呼び込むための工夫をしていないから」です。
今回は、どうやったらランチご利用のお客様をディナーに集客できるのか、そのアイディアを考えてみましょう。

ディナータイムに集客するための3つのアイディア

img01

ランチタイム客をディナータイムに集客するためのアイディアは以下3つです。

  • ①夜用クーポンの発行
  • ②ディナーメニューの試食
  • ③お名刺頂戴ボックスの利用

この3つのアイディアをしっかりと実行していけば、良いのです。
では、それぞれどんな集客アイディアなのかを見てみましょう。
 

①夜用クーポンの発行
これは、ランチタイム客に「当店のディナータイムにご利用いただけるお得なクーポン(チケット)です。」と会計時にお渡しするものです。ランチタイム客は、「この店の生姜焼き定食は700円なのに、ご飯お替り無料でおいしいからよく来ている。」など、お店の評価を「ランチタイムのお得感やおいしさ」のみでしか行わず、夜にこの店を使ったらどうなのか、どんなメニューを出しているか、などに興味を持っていただけていないケースが多くあります。
 

そんなランチタイム客に、「このクーポンをお持ちいただくと、ディナーメニューで一番人気の牛すね肉の赤ワイン100時間煮込みを無料でプレゼントします。ぜひ大人数でお越しください。」とディナーメニューのご紹介をしながらクーポンをお渡しするのです。
 

お客様は「ここは生姜焼き定食の店じゃなくて、そんなおしゃれなメニューもあるの?」と興味を持ってくださるでしょう。もちろん、新規クーポンを発行するのが大変、という場合は、ランチのレシートを3枚お持ちいただければ煮込みを無料サービスしますよ、などの対応でも全く問題ありません。
 

②ディナーメニューの試食
これは、①と同様、ランチタイム客に「この店は夜に来るとそんなメニューが食べられるの?」と興味を持っていただくために行うものです。試食と言ってもあまり仰々しい感じで行うのではなく、「今日は定食に小鉢をサービスでつけておきますね。ディナーメニューで一番人気の牛すね肉の赤ワイン煮込みか、二番人気のチョリソーのポトフ、どちらが良いですか?」などと、さりげなくディナーメニュー名をお伝えしながら、実際にその味を確かめてもらうと良いでしょう。
 

ランチタイムのお会計時は忙しいでしょうが、小鉢の試食を行う日は、あえてレジの横にディナーメニューを貼り出しておき、「今日の牛すね肉の煮込み(ポトフ)は夜メニューで人気です。ぜひまたお越しくださいね!」と言いながら、①のクーポンを渡していけば効果は抜群なはずです。
 

③お名刺頂戴ボックスの利用
お名刺頂戴ボックスという言葉は初めて聞かれるかもしれませんが、一言で言えば、「法人のお客様の名刺を集めるための魔法のボックス」のことです。ランチタイムにお越しになるお客様は、近隣企業にお勤めの方も多いはずです。その方々を「個人客」として捉えるのでなく、「夜に団体やパーティ利用をしてくださる法人のお客様」として捉え、積極的に名刺をいただくようにしましょう。
 

でも、「よろしければお名刺交換を。」などと、飲食店から慣れないお声がけをするのは大変です。そこで、「このボックスに名刺を入れていただくだけで、毎月1万円、5千円、3千円分の金券を各1名さまに抽選でプレゼントさせていただきます。応募用紙替わりに、お名刺を1枚入れていってください」とお客様に声をかけるのです。このお声がけならば、企業の方もあまり抵抗感なく応募をしてくださるでしょう。
 

もちろん、毎月1回しっかりと抽選・金券プレゼントを行うべきですが、このお名刺頂戴ボックスで名刺をいただいたお客様には、ディナーメニューやお得情報を盛り込んだチラシなどを送らせていただくことで、ディナータイムのご来店や、パーティ予約獲得などにつながっていきやすくなります。
 

いかがでしょうか?「ランチタイム営業はディナータイムの集客のため」と頑張っていらっしゃる方、ぜひ上記3つの集客アイディアをご参照いただき、ディナータイム客をより多く集められるようにしてみてくださいね。

  • 商品のご購入はこちら

    商品のご購入はこちら

    商品のご購入はこちら

お問い合わせ

contact

貴店の状況に合った、最適な商品と使用方法をお答えします。

03-5630-7141

営業時間:9:00~12:00、
13:00~16:00
(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)

FAX

03-5630-7130

ご返信できますようお客様の氏名、電話番号、
ファクシミリ番号をご記入ください

新型コロナウィルスの感染症拡大防止のため、お電話での受付時間を変更しております。
受付時間9:00~12:00/13:00~16:00(土曜・日曜・祝日を除く)

お電話の混雑状況によって、つながりにくい場合がございますので、
メールによるお問い合わせも併せてご利用ください。
ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

製品の誤飲・誤食、製品が目に入ったなど、緊急の場合は、すぐ医療機関にご相談ください。
また、製品サポート・Q&Aもご参照ください。

Page Top