FAQ

FAQ

飲食店経営のよくある疑問にお答えします。

Q

最低賃金を下回る賃金でスタッフを働かせたらどうなりますか?

A

仮にスタッフが「最低賃金以下の賃金しかいらない。」と言っている場合でも、それ以下の賃金で働かせることは違法です。
もっと詳しく知りたい方はこちらのコラムをお読みください。


Q

ハッピーアワーを実施するメリットは何ですか?

A

ハッピーアワー時間帯は割引販売をするために売上貢献は低いのですが、お客様に店舗の良さを体感していただくという点、またいつもこの店は賑わっているという活況感を演出できるという点がメリットです。また、ドリンクが安いためにお客様は高額の料理を頼みやすくなり、通常時間帯よりも粗利率が高くなるケースもあります。


Q

飲食店を開業するには何か月前から準備しておけばよいですか?

A

開業希望日の12ヶ月前からしっかりと準備をしましょう。飲食店を開業するまでには12ヶ月間くらいの期間で大きく12ステップ程の手順が必要です。しっかりとした準備を行わずに偶然良い物件が見つかったからなどと開業してしまうと、すぐに廃業に追い込まれるケースも多くあります。飲食店は2年以内に60%以上が廃業すると言われています。


Q

飲食店を開業する前にプレオープンをしようと思っています。注意することはありますか?

A

プレオープンは2日に分けて行うことをおすすめします。1日目は知人や友人を招き、お店のダメなところをとことん指摘してもらいましょう。練習の対価として、無料でご招待するとよいです。2日目は近隣のお客様を招待し、全メニューを半額で提供するなどして、しっかりとアピールします。


Q

スタッフの身だしなみについて、気を付けた方がよいことはなんですか?

A

一般的には、髪の毛・爪・アクセサリー・靴・タトゥーなどに気を付けるべきと言われていますが、中でも注意したいのはニオイです。見た目にはわかりませんが、多くのお客様が不快に感じるポイントなので、特に注意が必要です。


Q

「QSC」ってなんですか?

A

Quality(クオリティ:品質)・Service(サービス:接客)・Cleanliness(クレンリネス:清潔清掃)の頭文字を取ったもので、飲食店を繁盛させるために最低限守るべき指標のことです。突出して良い悪いを作らずにバランスよく店舗運営することが大切になります。また、現在は「QSC+H」と言われる時代です。「H」は「ホスピタリティ」のことで、「美味しいだけでなく、お客様に楽しんだり、リラックスしてもらいながら食事を召し上がっていただくために、あらゆる角度から気持ちの良いサービスを提供しようとする心」を意味します。


Q

お店の名前を考える上で注意することはありますか?

A

「商標調査」を行いましょう。商標とは、店名や商品名、ロゴマークなどについて独自でつくったものを特許庁に登録し、他者の勝手な使用を防止するものです。お店の名前を付ける前に、商標調査を行わないと、店名の変更を余儀なくされるなど大変なことになる危険性が高いので注意が必要です。


Q

集客のためにPOPを作成しようと考えています。どのような点に注意したほうが良いですか?

A

POPを作成するときには、しっかりとアピールしたいターゲットを決めましょう。「この商品は、どんな人に食べてもらいたいのか。」というようにターゲットを最初にイメージすることがPOPづくりのコツです。
具体的な例など、もっと詳しく知りたい方はこちらのコラムをお読みください。


Q

飲食店を開業する時に必要な資格は何ですか?

A

必須なのは「食品衛生責任者」と「防火管理者」(店舗の規模によって必要となる)です。「調理師免許」は必ずしも必要ではありません。
もっと詳しく知りたい方はこちらのコラムをお読みください。


Q

飲食店のFL比率はどのくらいに設定するべきですか?

A

FL比率は必ず60%以下とすることを目標としてください。「Food 35% + Labor 25%」程度が望ましいと言われています。
もっと詳しく知りたい方はこちらのコラムをお読みください。


Q

メニューの名前はどのように考えたらよいですか?

A

お客様からオーダーの多いメニューは、「店員から解説を聞かなくても、メニュー名を見ただけでその商品(料理)の内容やウリが理解できて、頼みたくなる」という特長があります。具体的には、メニュー名に食材の原産地や、調理法を入れるなどの手法があります。


Q

スタッフのシフトを組む上で注意する点はなんですか?

A

「人時売上高(にんじうりあげだか)」の考え方を取り入れれば、コストを考慮しながらうまくシフト組みができます。「人時売上高」は「スタッフ1人が1時間働くことで、いくらの売上を獲得したのか」を測る指標です。


Q

来店してくださったお客様をどの席に案内すべきか、セオリーなどはありますか?

A

飲食店における配席(客席へのご案内)において気を付ける点は、2つあります。1つ目は「お客様のため」の配席で、客席にご案内したお客様が最低でも不快に感じないようにする、ということです。2つ目は「集客のため」の配席です。できるだけお客様の姿が店前通行人に見えるように意識して行う、ということです。


Q

スタッフに飲食店の専門用語を教えるのが大変です。良い方法はありませんか?

A

【ご贔屓ナビ】の用語集に飲食業界に関連する主だった用語を掲載しております。ぜひ、ご活用ください。
また、関連するコラムもご用意しておりますので、こちらのコラムも併せてお読みください。


Q

飲食店を開業するにはどのようなスキル(能力)が必要ですか?

A

資金調達能力・経営能力・マネジメント能力・調理能力・メニュー開発能力など、様々なものがあります。
各能力やそのほかに必要な要素に関しても解説しておりますので、もっと詳しく知りたい方はこちらのコラムをお読みください。


Q

アルバイトがなかなか集まりません。良い方法はありませんか?

A

まずは、募集広告にしっかりとした内容を記載することです。また、時給以外の魅力を掲載することも効果的です。
具体的にどのように実施すればよいかなど、もっと詳しく知りたい方はこちらのコラムをお読みください。


Q

客単価を上げるにはどのようなことを実施すればよいですか?

A

無理なく客単価を高めるには、「メニューブックを改良すること」「ワンモアディッシュ・ワンモアドリンク」をお勧めするという2つの方法があります。
具体的な手法など、もっと詳しく知りたい方はこちらのコラムをお読みください。


Q

飲食店を経営するうえで最も注意しなければならないことはなんですか?

A

最も注意しなければいけないのは「お金の管理」です。キャッシュフローをしっかりと管理できなければ、売上は上がってもお店は潰れてしまうこともあります。
他にも注意しなければいけない点はありますので、もっと詳しく知りたい方はこちらのコラムをお読みください。


Q

利益を上げる上で注意すべきポイントはなんですか?

A

飲食店経営では、お客様の滞在時間と回転率を意識することが大切です。
もっと詳しく知りたい方はこちらのコラムをお読みください。


Q

飲食店を開業するためにはどれくらいの費用が必要ですか?

A

個人経営の小規模飲食店(15坪~20坪程度)の場合、大体1,000万~1,500万円程度かかるといわれております。
業態や規模などによって変動はありますが、もっと詳しく知りたい方はこちらのコラムをお読みください。


Q

飲食店を開業する時、席数はどれくらいで見ておけばよいですか?

A

飲食店の席数を検討する際は、「店全体の坪数」ではなく、「客席の坪数」から計算することをおすすめします。
具体的な計算方法など、もっと詳しく知りたい方はこちらのコラムをお読みください。


Q

飲食店を開業する時、資金は銀行で調達できるでしょうか?

A

飲食店の開業は、一般的に1,000~1,500万円程度の費用が必要となります。ほとんどの場合、「借り入れ」をすることになりますが、経営実績がないと、銀行はほとんど貸してくれません。そういった場合には、日本政策金融公庫に話しをしてみることをおすすめします。

  • オンラインショップ

    オンラインショップ

    オンラインショップ

お問い合わせ

contact

貴店の状況に合った、最適な商品と使用方法をお答えします。

03-5630-7141

営業時間:9:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)

FAX

03-5630-7130

ご返信できますようお客様の氏名、電話番号、
ファクシミリ番号をご記入ください

Page Top