食中毒関連情報

細菌性食中毒

感染型と毒素型の違い

細菌性食中毒は、感染型食中毒と毒素型食中毒に大きく分けられます。

感染型


pc-sp_bacteria_img01

食品と一緒に食べた細菌が体内で増殖して食中毒が起こります。細菌自体が原因となる場合と、細菌が増殖するときに作り出される毒素が原因となる場合があります。代表的な原因菌として、腸炎ビブリオ、サルモネラ属菌、病原大腸菌、カンピロバクター、ウェルシュ菌などがあります。

毒素型


pc-sp_bacteria_img02

細菌が食品中で増殖するときに毒素を作り出し、その毒素を食べることで食中毒が起こります。代表的な原因菌として、黄色ブドウ球菌、セレウス菌、ボツリヌス菌などがあります。

細菌性感染型食中毒

pc_bacteria_img03

pc_bacteria_img03

sp_bacteria_img03

※特に、食材固有の細菌であるため、他の食品への二次汚染を防ぐことは重要です。

細菌性毒素型食中毒

pc_bacteria_img04

pc_bacteria_img04

sp_bacteria_img04

Page Top