食中毒関連情報

ウイルス性食中毒

ウイルス性食中毒は、ウイルスが蓄積している食品の摂取や、人の手を介して感染が起こります。ウイルス性食中毒のほとんどがノロウイルスによるものであり、毎年多く発生しています。ノロウイルスは、10月から4月にかけて流行します。感染力が強く、少量でも感染するため、大規模な食中毒事件となることがあります。

pc_virus_img01

pc_virus_img01

sp_virus_img01

Page Top