• 客数アップ

新規客を呼び込みたい居酒屋は、まずはハッピーアワーを導入しよう

main_ph

「うちの店の前は、サラリーマンや地元の人など、とにかく通行量は多いのに、全然入店をしてくれないんだよね。同じようなメニューと価格帯でやっている競合店には結構お客さんが入っていくのに、一体何が違うんだろう・・・・・・?」
こういう悩みをお持ちの居酒屋経営者の方はいらっしゃいませんか?
 

そんな方は、ぜひハッピーアワーの導入を検討してみてください。
 

もちろん、店前通行量が多いということは、飲食店経営にとっては非常にプラスの要素です。でも人が集まるところには競合店も集まりませんか?店前通行量が他の道よりも2倍あるとしても、競合店舗数が3倍あったら、あなたが経営する飲食店にはお客様が入ってくれる期待値は低くなってしまいます。
 

「数多くある飲食店の中から、あなたが経営する飲食店の存在にお客様が気付き、興味を持ち、入店してくださる」考えてみれば、この流れはかなり奇跡的なことですよね。でも、「奇跡」が起こることを祈って待ち続けていても仕方がありません。自ら、その奇跡を起こすために動かないといけないのです。

ハッピーアワーとは?

img01

では、ここで改めてハッピーアワーとは何か?を確認しておきましょう。少し難しい言い方をすれば、「開店はしているがお客様があまり入らないアイドルタイムに、特定メニューの割引をすることでお客様を集客する方法」ですよね。 
 

「そんなことは当然分かっている。」 もしくは「すでにうちの店はハッピーアワーを導入しているよ。」 という方、もう一度考えてください。「お客様があまり入らないアイドルタイム」に、しっかりとハッピーアワーを実施することが大切なのです。
 

どういうことでしょうか?
実は、多くのお店では、ハッピーアワーと言うと、「17時の開店時から19時まで」など、開店時からお客様で店が混み始める時間まで、と設定されています。でも、22時頃になると、お客様は徐々に引けはじめてしまい、客席が空き始めますよね?ここがポイントです。
 

「当店は17時から19時までと22時以降はハッピーアワー!ボトル以外のドリンクは全品半額です。しかもハイボールはハッピーアワー中、何杯飲んでも1杯150円!」
 

こんな感じで、「お客様があまり入らない時間帯に席を遊ばせておくくらいなら、ハッピーアワーを実施してお客様を呼び込んでしまおう!」と覚悟を持って行動することが奇跡を起こすのです。

割引をしたら利益が出ないんじゃないの?

ハッピーアワーの考え方は良いけど、ドリンクを全品半額にしてしまったりすると、そればっかりお客様が頼んでしまい、店は儲からないんじゃないの?と心配になりますよね?ご安心ください。決してそんなことはありません。
 

お客様の心理としては、「ハッピーアワーで安くなっているから、お酒をどんどん頼んじゃおう!」「いつもは頼まない少し高めのお酒も、せっかくだから半額ならばチャレンジしてみよう。」と、どんどんお酒を注文してくださいます。
 

そうすると、気持ちよくお酒を飲んでリラックスしているお客様は「お酒が安くなっている分、つまみはちょっと豪華なものを頼んでみるかな」とフードも単価の高いものを注文してくれるようになるのです。結果として、ハッピーアワーの時間帯は、お客様単価と利益率が高くなっている、という居酒屋もあるくらいです。

ホールをまわす人がいない場合にはグラスを洗わない?

img02

そうは言っても、やはり低い単価でお客様にお酒を提供するとなると、サービスやバッシングが大変になりますよね?空いたグラスも洗わないといけないし・・・・・・。そんな時はそうです。グラスを洗わなければ良いのです。「???」となるかもしれませんが、実際にこの手法を導入して成功しているお店があります。
 

「ハッピーアワー中は、基本的にグラスは同じものを使っていただきます。違った種類のお酒を召し上がる時はグラスを替えますが、それ以外の場合はご協力ください。」
などとお客様にお願いをしてしまうのです。
例えば、日本酒を冷やで飲んでいるお客様には、銘柄が変わってもグラスは替えずに、そのままお注ぎするのです。もちろん生ビールなども同様です。
 

正面切ってこのお願いをしてしまえば、お客様も思いのほか気持ちよくご協力いただけます。それどころか、ハッピーアワーではない時間帯でも、「お替り!でもグラスはこのままでいいよ。」などと協力してくれるお客様も出てくるくらいです。もちろん、居酒屋以外でも、全ての飲食業態でこのハッピーアワー戦略は使えます。カフェだったら、ハッピーアワー中は同じ飲み物のお替りが100円、ケーキ類は半額などとしても良いですね。
 

ただ、せっかくハッピーアワーを始めても、店前を通行されている方に気付いてもらわなければ意味がありません。
その意味では、手書きでも良いのでしっかりとハッピーアワーを告知するPOPやチラシなどを作り、店前に貼り出し、できるだけ多くの方の目に触れるようにしたほうが良いですね。
「競合店にはどんどんお客様が入っているのに、なぜ自分のお店だけ・・・・・・。」と嘆いてもお客様の数は決して増えません。まずはハッピーアワーの導入から、始めてみましょう!

  • 商品のご購入はこちら

    商品のご購入はこちら

    商品のご購入はこちら

お問い合わせ

contact

貴店の状況に合った、最適な商品と使用方法をお答えします。

03-5630-7141

営業時間:9:00~12:00、
13:00~16:00
(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)

FAX

03-5630-7130

ご返信できますようお客様の氏名、電話番号、
ファクシミリ番号をご記入ください

新型コロナウィルスの感染症拡大防止のため、お電話での受付時間を変更しております。
受付時間9:00~12:00/13:00~16:00(土曜・日曜・祝日を除く)

お電話の混雑状況によって、つながりにくい場合がございますので、
メールによるお問い合わせも併せてご利用ください。
ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

製品の誤飲・誤食、製品が目に入ったなど、緊急の場合は、すぐ医療機関にご相談ください。
また、製品サポート・Q&Aもご参照ください。

Page Top