介護現場の用語集

LIFE(科学的介護情報システム)

らいふ(かがくてきかいごじょうほうしすてむ)

LIFEとは、Long-term care Information system For Evidence(科学的介護情報システム)の略称で、科学的介護の実現を目的に、ご利用者様の状態やケア内容などを全国規模で蓄積する大規模なデータベースのことです。各施設・事業所がLIFEにデータを入力すると、ご利用者様ごとまたは事業所ごとに、ケア内容についての分析・評価結果がフィードバックされます。

「LIFE」の目的

政府がLIFEの活用を推進する目的は、科学的な裏付けに基づいた介護を実現するためです。LIFEが介護サービスのエビデンスを蓄積し、フィードバックを受けた介護現場がPDCAサイクルを推進することにより、ケアの質向上が期待できると考えられています。
 
介護サービスに関するエビデンスを収集する仕組みは、2020年度に「CHASE」という名称で運用が開始されました。このCHASEと、リハビリテーション分野で活用されていたデータベース「VISIT」が統合され、2021年4月に「LIFE」としてすべての介護事業所で活用できるようになりました。

LIFEの活用等が要件として含まれる加算&加算別様式

政府は多くの事業所にLIFEを積極的に活用してもらうため、2021年度(令和3年度)の介護報酬改定でLIFEの活用等が要件となる加算を新たに設けました。LIFEの活用等が要件として含まれる加算と、加算別の様式は以下の通りです。

LIFEの利用方法

LIFEの利用申請の流れは以下の通りです。

  1. LIFEのサイトにアクセスして新規登録を選択・必要な情報を入力する
  2. 厚生労働省から事業所にパスワード等が記載されたハガキが届く
  3. 初回ログイン・IDを設定する
  4. 介護サービス利用者の情報を登録する
  5. 様式登録(データ入力)をする

LIFEを利用するには、専用サイトで新規登録し、ID・パスワードを発行する必要があります。ただし、2021年3月までにCHASEまたはVISITのいずれかを利用していた場合は、それらのID・パスワードをLIFEでも使用できるため、利用申請は不要です。CHASEとVISITを両方使用していた場合は、CHASEのID・パスワードに統一されます。
 
様式登録の方法は、介護記録ソフトのデータを活用する「CSVファイルからの取り込み」か、LIFEの画面上で直接情報を入力する「入力フォームからの登録」の2種類があります。

各ご利用者様について登録する情報

LIFEでは、介護施設の各ご利用者様について以下の基本的な情報を登録します。

  • 保険者番号
  • 被保険者番号
  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 認定日
  • 介護認定期間(開始日・終了日)
  • 要介護度
  • サービス種類

登録完了後、様式情報管理画面から「栄養マネジメント」「口腔機能アセスメント」「認知症」などの様式を選択し、詳細情報を入力できる仕様になっています。

Contact

お問い合わせ・ご相談

icon_00.png

営業時間 / 9:00~12:00、13:00~16:00
(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)

icon_fax

03-5630-7130

ご返信できますようお客様の氏名、
電話番号、ファクシミリ番号
をご記入ください

新型コロナウィルスの感染症拡大防止のため、お電話での受付時間を変更しております。
受付時間9:00~12:00/13:00~16:00(土曜・日曜・祝日を除く)

お電話の混雑状況によって、つながりにくい場合がございますので、
メールによるお問い合わせも併せてご利用ください。
ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

製品の誤飲・誤食、製品が目に入ったなど、緊急の場合は、すぐ医療機関にご相談ください。
また、製品サポート・Q&Aもご参照ください。

Page Top