介護現場の用語集

褥瘡マネジメント加算

じょくそうまねじめんとかさん

褥瘡マネジメント加算とは、特別養護老人ホーム(特養)介護老人保健施設(老健)のご利用者様に対して国の指標に基づいた評価を行い、褥瘡のリスクを計画的に管理することで算定される加算です。
2018年(平成30年度)の介護報酬改定から導入されました。算定額は利用者一人に付き10単位/月で、要件を満たしていれば3カ月に1回を限度に算定できます。

対象となるサービス

算定要件等

褥瘡マネジメント加算は、特別養護老人ホーム介護老人保健施設において、以下の要件を満たす場合に評価を行います。算定には都道府県が指定する書類を用意し都道府県知事に届け出る必要があります。

1. 入所者全員に対する要件

入所者ごとの褥瘡の発生に係るリスクについて、「介護保険制度におけるサービスの質の評価に関する調査研究事業」によるモニタリング指標を用いて、施設入所時に評価するとともに、少なくとも3カ月に1回、評価を行い、その評価結果を提出すること。

2. 上記1の評価の結果、褥瘡の発生に係るリスクがあるとされた入所者に対する要件

  • 関連職種の者が共同して、入所者ごとに褥瘡管理に関する褥瘡ケア計画を作成すること。
  • 褥瘡ケア計画に基づき、入所者ごとに褥瘡管理を実施すること。
  • 1の評価に基づき、少なくとも3カ月に1回、褥瘡ケア計画を見直すこと。

なお、介護医療院等については、褥瘡対策について診療計画に基づいた取り組みが別に設けられています。
褥瘡はご利用者様の苦痛を招き、さらに感染によって悪化し治癒までに相当の時間がかかることもあるため、日頃の予防が重要です。褥瘡の予防・改善がサービスとして評価されるようになったことから、今までに増して、褥瘡のリスクが重要視されているとも捉えられます。

単位数

10単位/月(※3カ月に1回が限度)

褥瘡の発生と関連のあるリスク

褥瘡マネジメント加算は、厚生労働省の解釈通知「褥瘡の発生と関連のあるリスク」を指標として評価します。これはご利用者様の状態について、ADLの状況や自発的に基本動作を行えるかどうかを確認するものです。
例えばご利用者様に尿失禁がある場合はリスクに該当するとして、褥瘡ケア計画を作成し、個別にケアを行います。

なお、「褥瘡対策に関するケア計画書」は厚生労働省より参考様式が示されています。

褥瘡マネジメントに関する届出書

褥瘡マネジメント届出書の基本的なフォーマットは下記の通りです。届出書は自治体への提出が必要です。

Contact

お問い合わせ・ご相談

営業時間 / 9:00 ~17:00
(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)

03-5630-7130

ご返信できますようお客様の氏名、
電話番号、ファクシミリ番号
をご記入ください

Page Top