介護現場の用語集

自立支援

じりつしえん

自立支援とは、ご高齢の方が自分らしく生活するために、日常生活に関わるさまざまな支援を意味します。歩行・トイレ介助などの身体的な支援に加えて、精神的な自立・社会的な自立を支援する行為も含まれます。
2018年(平成30年度)の介護報酬改定にて、政府は「自立支援介護」を重視する方針を打ち出しました。少子高齢化による介護職の従事者の人手不足が懸念される現在では、単なるお世話だけではなく、ご利用者様ができないことをできるように支援する(=自立)介護が求められています。

政府は2018年の介護報酬改定において、ご高齢者様の自主性を尊重した「自立支援介護」を行う質の高い介護サービスの実現を目指すと明らかにしました。これにより、一部の介護サービスにおいてはご利用者様の自立支援について計画書などを作成することで、サービスに応じた介護報酬が算定されるようになりました。ここでは自立支援とも関係の深い個別機能訓練加算とADL維持加算について簡単にご紹介します。

個別機能訓練加算とは

個別機能訓練加算とは、特別養護老人ホーム(特養)や通所介護などのサービスにおいてご利用者様に適した個別機能訓練を行うことで算定される加算です。ご利用者様の心身機能や生活能力の維持・向上を目的としています。個別機能訓練加算Ⅰと個別機能訓練加算Ⅱの2種類があり、算定するための要件がそれぞれ異なります。また、算定には個別機能訓練計画書を作成した上で訓練を行い、記録を付ける必要があります。

ADL維持等加算について

ADLとはActivities of Daily Livingの略で「日常生活動作」と訳されます。ADL維持等加算とはその名の通りご利用者様の生活動作について支援・評価を行うことで算定される加算であり、主に通所介護及び地域密着型通所介護で算定されます。次表のように、食事・移動・整容(身だしなみ)・排泄・入浴・歩行・階段昇降・着替え・排便コントロール・排尿コントロールの全10項目について、「バーセル・インデックス(Barthel Index)」という評価指数を用いて評価します。

ADL維持向上等体制加算に係る評価書

バーセルインデックス(Barthel Index 機能的評価)

ADL維持向上等体制加算による評価書

※得点:0~15
※得点数が高いほど、機能的評価が高い。
 
出典: 近畿厚生局「留意事項通知における別紙様式 別紙様式7の2 ADL維持向上等体制加算に係る評価書」

これらの基本的な動作について6ヵ月間の状況をチェックし、状態が悪化したケースに比べて維持・改善できたご利用者様が多い場合に算定できます。

Contact

お問い合わせ・ご相談

営業時間 / 9:00 ~17:00
(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)

03-5630-7130

ご返信できますようお客様の氏名、
電話番号、ファクシミリ番号
をご記入ください

Page Top